三度の飯なら米しか食わぬw

三度の飯なら米しか食わぬw

家族全員がお米好きで毎日米をたくさん食べてます。百姓の仕事は辛いけれども、一度は自分でお米を作ってみたいです。

赤ちゃんの名前を決める時パパ活って言葉を初めて知りました。大阪の脱毛サロンで流行ってるんだってすっぴんは女性にとってどうなんだろう?足を細くするためのマッサージ?誰よりもこよなくお米を愛する家族です。

赤ちゃんの名前を決める時

思い出すなぁ~。子供の名前を決めた時の事。
どんな名前にしようか、かなり悩んだよね~。どちらかと言うと、男の子は私主体で女の子は妻主体で考えました。

名前は書きませんが、長男は強く生きて欲しいという思いを込めて、長女はかわいらしい名前、次男は当時キラキラネームが流行りだした頃なので、あえて古びた名前にしました。
今の子供たちはどんな名前なのかな?と思った時に参考になるのが、たまひよ赤ちゃんのしあわせ名前事典ですね。かなりたくさんの名前が書いてあったり、名前に関する色々な知識が得られる一冊となっています。

キラキラネームは嫌いじゃありませんが、どちらかと言うと好きでもありません。
と言うのも、やはり読めない字は良くないだろうと思います。「星」と書いて「キラリ」とか「ライト」とか言われても、、、「は?」って言うのが本音です。さすがに読めないですよね。こういうキラキラネームよりはどちらかと言うと、名前に意味を持った字を当てる方が私個人的には好きですね。

キラキラネームがダメな訳でも無いので、勝手な個人の感想ととらえてもらってよいですが、やっぱり日本人らしいというかそういう名前を付けてもらいたいなぁ~と思いますね。

色々と年代別で調べてみても面白いかもしれませんね。何年はこういう名前が流行った、この年はこの一字が良く使われたなど時代の背景が見られるのも名前の特徴であるかもしれません。名前は今後一生自分が背負っていくものとなるので、親の責任として新たな命に最高の名前を付けてあげて欲しいですね!

私は3文字の名前が呼びやすいなと思っています。例えば、「こうじ」とか、「けんじ」とか、「ミキオ」とか、これが4文字になると「あだ名」で呼ばれるようになります。もちろん愛称も悪くないので問題ありませんが、どうせなら名前で呼んであげたいなと。これも身勝手な個人的な見解ですw

なんにしろ、お母さんとお父さんからプレゼントする一番最初のプレゼントとなるので、一生懸命に悩んで良い名前を付けてあげてくださいね!

パパ活って言葉を初めて知りました。

時代は変わるんですね。パパ活って凄いですよね。何が凄いってその需要を作り出すというか、女性はいつの時代も頑張っているし、男性はいつの時代もバカなんだなぁ~と感じる出来事でした。

私がパパ活という言葉を知ったきっかけは確かヤフーのニュースです。
何となく読んだ記事でしたが、内容は超絶な記事でしたね。

キャバクラって若いきれいな人がお酒の席で大人の男性を満足させる商売じゃないですか?
それで、アフターとか、同伴とかでご飯食べに行って、お店に行ってお金を使ってもらってお給料をもらう仕組みだと思うのですが、パパ活は間に入ってるお店が無い状態なのです。

ご飯を食べに行ったり、ドライブしたりするだけで、2時間で10万円とかもらってる女の子がいるようなんですよね。ツイッターとか見ると、そんな感じの事がたくさん書かれていて、あ~みんな同じことしてるんだなぁ~という驚きと、ご飯食べに行くだけで5万円とか10万円とか払う大人もいるんだなぁという驚き両方でした。

そもそも、ご飯を食べに行くことも結構高級なお店で高い料理を食べる訳ですから、パパ活をする男性は基本本当にお金持ちの大人なんだろうなと思います。

今の時代、初任給で月30万円もらえる事なんてないと思いますが、パパ活をして月100万円は軽く超える収入が得られると聞いて、もう世の中何が何だか分かりませんね。本当にどうなったんだ?って思いますけど。

月100万円を20代そこそこの若い子がご飯を一緒に食べに行くだけで稼げるってどういう事なんだろう?
キャバクラで頑張ってる子が稼いでいると聞いてそれも驚きでしたが、それをはるかに超えるレベルの話ですからね。

パパ活は東京などの大都市や大阪や名古屋、仙台、福岡等の主要都市で盛り上がっているようです。
中でもパパ活 名古屋は結構盛り上がっているようですね。

仮に自分の娘がそんなことでお金を稼いでいると知ったら、親はどう思うのでしょうか?
なんとも思わないのかな?というか、女性自身はどう思ってるんだろう。ちゃんとお金のありがたみを感じる事が出来る人間になれるのか、それだけが心配だな。

大阪の脱毛サロンで流行ってるんだって

先日、家族で大阪にお好み焼きを食べに行きました。もちろん、目的はそれだけではありませんが、私たちは結構食べ物の為に日帰りで車を出して旅行をします。仙台に牛タンを食べに行ったり、キツかったなコレは。大阪も水族館に寄ってきましたよ。

あとは、食べ歩きですね。水族館に朝から行って昼にはお好み焼きを食べたり、食べ歩きしたり楽しかったな。嫁さんの友達が大阪にいるので嫁さんは3時くらいから大阪の友達と少しだけ会って来るって出かけました。

僕は子供連れてその辺食べ歩きまくり。本当に大阪は楽しい街ですね。夜、ちょっとだけその友達も交えてご飯を食べました。その友達がなんでもちょっと前にできた大阪のストラッシュという脱毛サロンで脱毛しているらしく、その話でちょっとpもちきりになってました。僕自身は脱毛なんてどうでも良い話なので、聞く耳なんてなしw

まぁ~でも、久々に会った友達と嫁は近況の話をしたり、子供同士を触れ合わせたりしていたんで、嫁も子供もとても楽しんでました。

地元に戻る前には嫁さんは気持ちいいくらいお酒飲んでたんで、酔っぱらってましたね。でも、お酒もおいしく飲めて友達とも話が出来たし、大阪最高!!って感じじゃないのかな?

大阪に住みたいとか言い出して、どうしようかしらと思ったけど、まぁ~一瞬の閃きみたいなもんなので、これも相手にしないように話はスルーですよねwww

大阪の通天閣って言うんですか?あそこ本当に面白いですね。幸福の 神様ビリケンさんやグリコの真似したりして、子供達もはしゃぎまくり。

帰りの車の中では、チビも嫁もぐっすり寝てましたね。

僕はゆっくりと安全運転で帰りましたけど、また行きたいなぁ~と思うところが大阪の良い所ですよね。話も面白いし、キャラも良い、場所も良い、笑いがある。本当に最高でした。

次は大阪のどこに行こうかなぁ~。チビも楽しみにしてるみたいなので、今度は泊りで行きたいと思います。

 

すっぴんは女性にとってどうなんだろう?

すっぴんって好きですか?
僕は好きなんですよね。その人の本当の顔だからっていうのもありますけど、やはり何もしていない素の自分って事ですっぴんは非常に好感が持てます。

同じ会社の女子社員の話を食堂で聞いてたのですが、会社ならすっぴんで来るよって感じの話をしていました。
何故かというと、会社の男性なんて気にしていないかららしいですw

まぁ~確かにその通りですね。だけど男性は色々と興味持ってるんですよね。ただの会社の社員でも。
あ、今日この子はすっぴんだ。とか、寝坊でもしたのかな?とか、どうでも良いんだけどなんか気にしちゃいますね。

女性社員の話では、すっぴんにすると毛穴の開きが気になるらしい。へぇ~と思いながら聞いていましたが、イチゴ鼻とか聞きなれない言葉が飛び交っていましたよ。ちょっと、すっぴん毛穴って調べてみたんですが、やはり気にしている人多いですね。

なんでも、泊りの時にどうやって隠すかと気にしている人が多いみたい。そんなこと気にしているって初めて知りましたよ。
このHPでは、http://www.xn--88jua5c2gwh9kt557agoya.com泊りに行った時にすっぴん酷くね?と彼氏に言われてすぐわかれたとか言ってますしね。

すっぴんに自信がある女性はあんまりいないんでしょうかね?男性はそりゃ化粧している方が好きでしょうね。奇麗に見えますし、化粧ですごく変わりますからね。

会話の中でもメイクでごまかすとか、ツルツル毛穴を目指すとか、色んな会話で盛り上がっていて、聞いてないふりをして聞いていましたが女性の会話は面白いですね。全く共感出来る事は無かったんですが、盛り上がっている会話を聞いていることは楽しかったです。

ただ、やはりすっぴんで勝負するには難しいでしょうね。周りはみんな化粧で上手い事自分磨きしているんで。でも、だからこそ、素の自分を大事にしてすっぴんを見せられる女性になれたらみんなから羨ましがられるんでしょうね。

足を細くするためのマッサージ?

うちの家族は皆がお米好きなんですが、本当にご飯を美味しそうに食べます。
長男は小学4年生なのですが、お茶碗で2杯は食べてしまいます。
長女は小学3年生ですが、カレーだとペロリと2~3杯は食べてしまいます。

それも全てお米が美味しいからなんでしょうけど。
以前、驚いたことがありました。ご飯を食べに行った時の事なんですが、
ご飯がおいしくないから食べられないと言うのです。

確かにご飯は良いお米を使っていないようなごはんでしたが、食べられないほどではなく、
なんて贅沢な子ども達なんだ?と思ってしまった程です。

そんな家族ですが、妻だけはあまりお米を食べません。
何でもダイエットするためだとか。
最近ではダイエットしたいところが”足”の様で、足を細くする足痩せマッサージ等を頑張っているようです。

足を細くしたいと言っても太ももだったりふくらはぎだったり女性それぞれに思っている箇所があるかと思います。
男性はとても目立つ下っ腹が出てきても、そこまで気にしませんからね。
「腹が出てきちゃった」で終わらせる人もいるくらいですから。

女性は立ち仕事をしていると足が浮腫んできたりもしますし、
細いシルエットのパンツなどを履いて、スラッとした美脚を目指したいと思うのでしょうね。
実際に私も後姿などで、スラッとした女性を見つけると「ああ、きれいな人だなぁ~」と思いますから。

毎日お風呂で使ってみたり、TVを見ながら「細くな~れ」「細くな~れ」と呪文を唱えながら、頑張ってマッサージしていますね。なんでも全身に使えるのですごく便利だから、良いと言っていましたね。

私にも「頭皮」に刺激を与える形でマッサージできるから買えば?って勧められました。
それを使わせて欲しいと言ったんですが、どうも汚い頭に使う事は拒否されましたw

なんだかマッサージの話に途中で変わってしまいましたが、妻もご飯は大好きなので、子供たちがおいしそうにご飯を食べて成長していることにすごく満足しています。
子ども達もご飯も美味しいし、おかずも美味しいから、とにかくごはんが一杯食べられるからうれしいと言っていました。
食事の楽しさを覚えたようで、親としてもすごくうれしく思います。
これからも大きく成長して行って欲しいです。

誰よりもこよなくお米を愛する家族です。

僕は平凡なサリーマンです。
ただ人と違うところがあるとすれば、お米が大好きって所ですかね。
何よりもお米が大好き。
焼き肉を食べに行けばビールよりも米!!
漬物と赤だしがあればご飯お茶碗2杯は軽く食べられます。

そんな僕がもっとお米を好きなったきっかけは、元々ご飯は大好きだったんですが、20代の頃に彼女と同棲を始め、結婚資金を貯めるために節約生活を始めました。

その時にすごく安いお米を買ってご飯を炊いてみました。
そうしたら、お米好きの僕が全くご飯を食べられないほど不味く、初めてご飯を美味しくないと感じたのです。
この出来事は、本当に米好きの僕には大ショックな出来事でした。
チャーハンにしても混ぜご飯にしても、卵かけごはんにしても何をしてもおいしいと思えないご飯を前に、成す術もなく撃沈しました。

同棲している彼女も料理がすごく好きで色々と工夫してくれましたが、それでも美味しく食べる事が出来ませんでした。
その時はお米を捨てようと思いましたが、さすがに米が大好きな僕もその彼女もお米を無駄にするという選択肢を選ぶ事が出来ませんでした。

購入したのは配達をしてくれる酒屋さんだったので、購入元に連絡してどう頑張っても食べる事が出来ないほど不味いコメだったので、お金を返して欲しいとは言わないので、引き取って欲しいとお願いしました。自分たちには米を捨てる事が出来ないので、仕入れ元などに連絡するなどして捨てないように再利用してもらえないかと尋ねました。
色々と話をしていると、そこのご主人さんが購入価格で引き取ると仰っていただき、何と言っていいかわかりませんが、無事捨てることなく済みました。

その後、他の米を買おうとしていたんですが、彼女の母親の両親が新潟県の岩船産のコシヒカリを作っている農家だという事を知り、一度岩船産のコシヒカリを購入してみました。すると、本当に美味しい!!びっくりするくらい美味しく、ますます米好きになりました。

今でもずっとそのコシヒカリを買って食べているのですが、最近新しく「新之助」というブランドの米が出来たと聞きました。
縁起が良い紅白の地色に金と黒でロゴをあしらった印象的なパッケージが高級感を示し贈答用にも人気が出ているようです。
新しいブランドの新之助は塩との相性が良く一緒に食べる料理を一段と引き立てるようなお米のようです。価格は魚沼産のコシヒカリと同じ価格帯の5キログラム3780円と高価格帯です。

青森県の「青天の霹靂」、岩手県の「銀河のしずく」など新ブランド米も多く出てきていますが、僕にとっての最高の米のコシヒカリを抜くかもしれない美味しさに、今からとっても楽しみにしています。

Copyright ©三度の飯なら米しか食わぬw All rights reserved.

ログイン